若年期に発生する白髪!

早老症という病気は若く手も老化が著しく進んでしまう病気です。
早老症の特徴として、白髪、白内障、糖尿病、動脈硬化などの早老変性が確認出来ます。
これは遺伝子の異常により発症する病気です。
子供のころに早老症が発生した場合、さらに急激に老化が進みます。
よって、あまりに小さい頃に白髪が生えてくるなどの症状がみられた場合は、この病気が疑われる場合もあります。
早老症と白髪の関係は老化が進むという点でも密接な関係があると言えますので、頭髪に注意をする事が重要です。
また、思春期に突然早老症状が発症し、突然白髪が発生しだす事もあります。
これをウェルナー症候群と呼び、世界中の患者の6割が日本人であると言われています。
この早老症は普通の人の2倍以上も早く老化が進みます。
現在も特定できる原因は分かっておらず、研究段階であり、難病指定ともされていません。
その寿命も平均40歳〜50歳と短命で、動脈硬化やガンによる死亡の例が多く記録されています。
中には80歳位まで生きられた方もいます。
早老症は、まだまだ知られていない病気ですので、少しでもこの病気を広め、関心を得、そして理解することで効果的な治療法が見つかるのではないでしょうか?日々研究は進められてはいますが、今後の医療の発展に期待し、少しでも救える命があればそれに越した事はありません。