パッチテストの判定は!

髪を美しく見せる為に行うヘアカラー。
自宅で自分でヘアカラーを楽しむ人も多い事と思いますが、実は事前のパッチテストを行う人は非常に少ないのです。
パッチテストの重要性を無視し、ヘアカラーを行う人の中には、深刻なアレルギー反応を引き起こす場合もあり、非常に危険です。
その為、ヘアカラー使用48時間前からパッチテストを行わなければいけません。
大体は腕や手の甲などの、皮膚が強い部分でテストを行います。
その際のパッチテストで異常が出たらそのヘアカラーは残念ながら使用することはできません。
異常が見られない場合のみヘアカラーを使用することが出来るのですが、このテストは元々が皮膚の強い部分で行われる為、実際に頭髪に塗布することでアレルギー反応を引き起こしてしまう場合も考えられます。
万が一、ヘアカラー使用中に、頭皮に痒みや痛みの症状が現れたら使用を中止し、直ちに洗い流してください。
また、洗い流しても痒みや痛みがある場合、炎症が起きていたり、何らかのトラブルが起きている可能性も考えられますので、医師の診察を受けるようにしましょう。
それほど、アレルギー反応は深刻でありますので、パッチテストは必ず行うようにしてください。